何が決め手になった?私が顔脱毛した理由

 

女子なのに口周りの濃いヒゲを見て幻滅・・・
鏡を見るたびに「この産毛がなかったら」なんて恨めしい気持ちになることもありますよね。

 

顔脱毛をしている人はどんな悩みを持ち、顔脱毛を決意しているのでしょう。
実際に脱毛をした高校生が顔脱毛を始めた理由「きっかけ」をいくつかご紹介します。

 

顔脱毛を決意した理由

 

学校生活

学校生活の中で、友達との付き合いは何かと影響を与えます。

 

学校の授業でプールや体育でも、自己処理を欠かせないと言う人もいますが、
うまく処理できないと修学旅行やキャンプなどのイベントも苦痛になってしまうことも。

 

汗をかいたり、水にぬれたりするたびに、気にしなくてはいけないとなると、
記念に残す写真もイヤになってしまうものですよね。

 

そんな小中高の学校生活がきっかけで脱毛をすると言う人も多いです。

 

 

脱毛した人を見て

同じ悩みを抱えていた身近な人が脱毛して成功している姿を見ると、
「自分も!」と言う気持ちになる人が多いです。

 

特に身内や身近な人が経験していれば効果も確認できるので、
よりやりたい気持ちが強くなるし、紹介制度でオトクに通えるメリットも後押しになります。

 

 

自己処理の失敗を見かねて

顔脱毛は特にみえる部分なので、カミソリで失敗していたり、肌トラブルを起こしているのを見て、
親が声をかけてくれたと言う人も多いです。

 

またそんな悩みを打ち明けたら、実も親も子供の時に同じ悩みを持っていて、カウンセリングに
一緒に行ってくれたなんて口コミもあります。

 

インターネットで検索すれば、自己処理の肌への負担が大きいのも良くわかります。

 

自己処理の失敗や肌荒れ・肌トラブルを繰り返し、痕が残ったり、肌質が変わってしまうと
これ以上肌を傷つけたくないと思うことが専門家に任せるきっかけにもなるのです。

 

 

その他

高校生に限ったことではありませんが、心無い言葉やいじめ、自己処理の面倒さなど
顔だからこその悩みは多々あります。

 

また中には「彼氏にヒゲのことを言われた」と言う人や最近ではメイクをする学生もいるので
「ファンデに産毛が邪魔」なんて人も。

 

そんなことで?と思うような些細なことがきっかけだとしても、その人からしてみたら
ストレスになり、悩みが苦痛になり限界!と言うことがわかりますよね。

 

 

気になるコンプレックス、相談するべき?

コンプレックスは誰にも相談ができない・・・と言う人が多いですよね。

 

未成年でも小さなうちは親に言う人もいるかもしれませんが、
高校生ともなれば親よりも友達に相談したりするものです。

 

でも、本当に真剣に悩んでいることって
『誰にも相談ができない・・・』
なんてこと、ありませんか?

 

顔脱毛に関しては、お金が必要になるし、未成年は親の同意が必要になるので、
脱毛をしたいと思うのなら、やはり相談は「親」にするべきです。

 

脱毛サロンや医療クリニックを契約する際も、親の同意書は必要です。

 

インターネットなどでも簡単に調べることもできるし、安価で安全性も高くなってきているので、
理解してくれる親が増えていますが、残念ながら、まだまだ理解してくれない場合も。

 

同意してもらえずに残念ながら脱毛ができない・・・という人もいますが、
高校生でも顔脱毛をしたい理由をきちんと相談して、カウンセリングにも同席してもらいましょう。

 

そのうえで「お金」が問題であれば、お金は自分で頑張って貯めましょうね。

 

 

まとめ

高校生で顔脱毛をする理由は人それぞれです。

 

しかし、共通して言えるのが『みんな悩んでいる』ということ。

 

産毛に対して悩みを抱えた状態で、何かをきっかけにして脱毛に踏み切っている高校生が
とても多いと言うことがわかります。

 

最終的に決めるのは自分ですが、まずはそのコンプレックスを親に相談するところから
はじめませんか。

 

【高校生集合】顔脱毛を都内でするならここがオススメ!TOPへ